奈良・吉野山のお花見 その2(4/5)
    2009年 04月 16日


●その1はこちら

国宝の仁王門が見えてきました!
f0025795_1284255.jpg
金峯山寺 仁王門(きんぷせんじ におうもん)
高さ20.3mの立派な門ですー!
北面の玄関口の役割を果たし、すごい形相の仁王像2体が
片側ずつに安置されてます。

金峯山とは、大和の国 ・吉野山から
大峯山山上ケ岳にかけての一帯の事だそうです。

金峯山寺は、修験道系の仏教寺院。
(修験道とは、山へ籠もって厳しい修行を行う事により、様々な「験」(しるし)を得る事を目的とする日本独特の混淆宗教。修験道の実践者を修験者または山伏という。)


ここをくぐると・・・

f0025795_1291139.jpg
金峯山寺 蔵王堂(きんぷせんじ ざおうどう)

こちらも国宝!
中に入ると険しいお顔の金剛蔵王大権現が3体。

蔵王権現(ざおうごんげん)とは、日本仏教における信仰対象の一つ。
インドに起源を持たない日本独自のほとけで、
奈良県吉野の金峯山寺本堂(蔵王堂)の本尊として知られてます。
権現とは「権(かり)の姿で現れた神仏」の意なんだって。

へぇ。

撮影禁止だったので写真はありませんけど、
蔵王大権現のお姿は迫力があって凄かったですΣ(゚`д゚ノ)ノヒョェーーー!!!

詳しい話と蔵王権現のお姿はコチラ参照。(蔵王堂に入るのは有料です)


さーて。午前11時すぎ。
どんどん観光客が押し寄せてきてるので
さっさとお昼ご飯を食べないと入れなくなっちゃいそう!

ってことで、こちらのお店に入りました。
f0025795_1292549.jpg
門前名物「うまみや」

麺に吉野名物の吉野葛を練りこんであるんだって。
このお店が元祖で、他がマネしだしたって看板に書いてあった(笑)




重いので折りたたみ!↓




f0025795_1293872.jpg
天気予報では午後は降水確率80%。そろろそ振ってきそう!
でも気持ちいいので外で食べました♪
残念ながら階下に桜は見えませんが。

もう少し入り口付近(仁王門よりも入り口寄り)のお店だったらきっと
桜の絨毯が広がってた見えたと思います。

f0025795_1295769.jpg
私の注文は、大和湯葉のにしんそば

奈良ですからね。「大和」って言葉に惹かれます( ´艸`)
それと、関西ならではのにしんの生姜煮がのった蕎麦!
関東だと、「にしんそば」ってあまり見かけない気が。気づかないだけか?(笑
なので、くまスケ初のにしん蕎麦体験です~(人´3`*)☆
f0025795_12101186.jpg
↑こっちは隣の席に人が頼んでて美味しそうに見えた
かき揚げおろしうどん

やっぱり天ぷら入りって惹かれちゃいます(´ノ∀+`*) ほっほっほっ♪
くま母に頼んでもらって半分ずつにしました♪

肝心のお味ですが、すっごく薄味でビックリ。
関西だからとかそんなレベルで無く。
こんな薄い味のスープ初めて飲んだかも、、、(;ωq`)
後から出してたお客さんに「薄味なので醤油を追加してください」
みたいな事言ってて、尚ビックリ(゜Д゜||)
かき揚げのほうが薄かったんですけど、おろしの所為かも。
おろし、イラナイ気がします。

それと、葛入りの麺ということでモチモチ具合を期待してたんだけど
蕎麦もうどんもブチブチ切れる軟弱麺で、全然葛入りなのが実感できなかったー
うどんなんてコシが無さすぎで、それが葛麺の特徴なら入れないほうが全然いい
と思ってしまう。吉野だけに葛に拘りたいなら一口デザートに葛切りとかつけて
くれればいいのにな。


とまぁ、なんとも不満足なお昼でした(笑)

f0025795_12102919.jpg
あ、吉野葛のお店だ~♪

名産だけあって、アチコチにお店があります。
私も小さい袋の葛をひとつ購入。

f0025795_12104272.jpg
こちらのお茶屋さんは、
仁王門と見事な桜が眺められる一等地ですね~!
お茶を飲まないで景色を堪能したい人は、席料が取られますw

晴れてたら絶景でしょうね(///∇//)

f0025795_12105936.jpg
吉水神社の参道からの眺めです。
中千本上千本ですね!
この4月5日は、まだまだ満開まではほど遠かったですが
今頃、晴れた日にはピンクの絨毯が広がってるんでしょうね~♪

f0025795_12111371.jpg
吉水神社にやってきました(゜д゜)(。_。)ウン!!!

簡単に言うと、後醍醐天皇を祀る神社です。
でも、もっと奥が深い。

京都から逃げてきた後醍醐天皇が興した南朝の拠点
って言ったらいいんでしょうか。

京都にある足利尊氏の北朝、ここ吉野にある後醍醐天皇の南朝。
2つの朝廷が存在した南北朝時代の象徴ですね~

ここは、後醍醐天皇から始まって4代まで続く南朝の皇居です。

f0025795_12113452.jpg
↑こちらが後醍醐天皇の玉座です。

一見黄金の煌びやかさに目が行きますが、
実際は日当たりも悪く建物がある場所も崖っぷち

晩年の寂しさが伝わる詩がこちら↓
「花にねて よしや吉野の吉水の 枕の下に石走る音」

玉座の下に流れる瀬古川のせせらぎを聞きながら
万感の思いで、叶うかもわからない京都へ凱旋する日を
夢見てたんでしょうね。せつない一句です。

f0025795_16545962.jpg
北の門

北は、京都の方角です。
後醍醐天皇は、ここに立ち、京都の方向を眺めながら涙したそうです。

後醍醐天皇は、数年、ここで過ごされたのち
病に倒れ、この地で崩御されてます。

なんともしんみりな話です( ノД`)シクシク…


f0025795_1211237.jpg
この地は、他にもゆかりの多い場所で、
「源義経と静御前が別れた悲恋の地」でもあり、
「太閤秀吉の花見の本陣」でも有名な場所です。


静御前の話もなんだか涙モノですよねぇ。
ここって、とてつもなく哀愁の漂ってる土地って気がします(´_`。)グスン

f0025795_12114629.jpg
↑これは、弁慶の七つ道具のうちの5つ。

f0025795_1212499.jpg
あ、山桜ですー!
赤い葉っぱが花の間から出てて、遠目で見ると
ピンク色の桜の木に見えるんですよね♪

f0025795_12121574.jpg
しんみりした後は、なんだか甘いものが食べたくなりました(笑)
このお店は混んでたので、別のお店を探しました。
f0025795_12122613.jpg
〆はやっぱり葛餅!!

大和茶とのセットで600円。
すっごく美味しかった~ぃぇ━━━━ヽ(*´Д`)人(´Д`*)ノ━━━━ぃ♪

葛もちと黄な粉と黒蜜って、ゴールデントリオですね!

f0025795_12123750.jpg
ちなみに、奈良名物の柿の葉寿司も買って
あとで食べました~えへ( *´艸`)´艸`)´艸`)´艸`)´艸`)うまー


吉野での4時間散策は、桜鑑賞はもとより、
思いのほか歴史探訪で楽しかったです!




◆地球の為に出来ること。(ボランティアバナーです)

[PR]
   
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30