真性ケロイド体質って知ってます?
    2007年 10月 01日
9月の20日頃(だったかな?そのへん)に月経が来て、
おとといまた月経が来ました(>_<)
今回は、終わりかけみたいなモノがダラダラ続いてます。

ダイエットをしてますが、実はそのせいではなく、
先月頭に形成外科でステロイドの注射をしてもらったからなんです。

私は真性ケロイド体質で、ちょっとした傷やニキビなんかが
ケロイド化してしまう体質です。
 ケロイドは線維芽細胞の過剰な働きによっておこる硬く、赤く、隆起した傷跡です。ケロイドには、起こしやすい体質(遺伝的なもの)とできやすい場所があります。
 
  ケロイド体質の人は虫刺されやニキビもケロイドの原因になります。またできやすい場所は、胸、肩、背中、下腹部などです。
 
  治療は圧迫、外用、内服、局所への注射などがあります。
また手術という方法もありますが、切って縫うだけでは90%以上再発し、元の状態より悪化する場合がほとんどです。

簡単に言うと、皮膚が傷ついたときに、普通の人よりも
元に戻ろうとする再生力が強く、元通り以上に隆起してしまう体質です。

耳たぶ(ピアス穴)とかもダメみたいですけど、私の場合
胸元や肩・背中がケロイドになってしまいます。

体質を良く知らないで10代の頃にピアスをあけたら、医者に
「えぇ??!ピアス開けちゃったの?!大丈夫かなぁ」
と本気で心配されましたが、一応平気でした。
知ってたら絶対開けてませんでした(笑)

夏場とか、胸元に「あせも」なんか出来た日には
もう必死にステロイド剤を塗り捲ります。
ちょっとでも弄ろうものなら、すぐに皮膚が肥厚し大きな
ケロイドになってしまいます。

一度ケロイド化した皮膚は、普通にしてても治りません。
血流が多くなったり体温が上がると酷い痒みに襲われ
つい無意識のうちに掻いてしまうんですが
その刺激でケロイドはどんどん大きくなっていきます。

先月、背中のケロイドの悪化が気になって、久々に
形成外科に行きました。
色々な塗り薬やテープ剤を使用しましたが、頑固なケロイドには
ステロイド注射が一番効きます。
必要以上に効果が出ると、皮膚が凹んでしまったり血管が
浮き出て見えたり、皮膚がしわしわになったりと、リスクは
付きまといますが、ものによったら1発で平らになるほどの効果。
(打ったそばから凹むのではなく、1ヶ月くらいかけて凹みます)

大きく膨らんだケロイドを見てるだけでもウンザリなので
リスクを承知で注射してもらいます。

他にもリスクはあって、よく医者に言われるのが
「打ってから1年半は子供を作らないで下さい」
です。
1箇所に何度も打つのですが、ステロイドが体に残った状態で
妊娠すると奇形児が生まれる可能性が高くなるそうです。

また、ホルモンバランスが崩れるので今回のように月経が2度来たり
または全くこなかったり。

それと、この注射、鬼のように痛いです!
とくに皮膚の柔らかい、胸元や背中は絶叫寸前(笑)

こんなに痛い注射が世の中にあってもいいんだろうか・・

と、毎回打たれながら思っています。
たとえるなら、そうですねぇ、
誰かに両手で思いっきり肉を引きちぎられるかのような痛み。
ホントに痛い。
場所にもよるので肩なんかは私はまだマシな痛みです。

私が長年の治療経験で習得したこと。
注射中は息を吐く!!!
です。息を止めてはいけません。
注射される寸前に息を吸い込み、注射中にゆっくり
息を吐き出すと、幾分痛みが少ないような気がします(笑)
オカルトです。


また明後日形成外科に行きます。
先月、背中と肩に注射してもらいましたが、肩は幼少の頃に
作ったものなので、何度打っても凹みません。
いつもサボって途中で止めてたせいもあります。
ですが、今回はいい加減治そうと決意し、予約を取りました。

もし同じ体質で悩んでいる方がいれば、一度形成外科に行くことを
お勧めします。女性なら尚更気になりますよね。
大人になってから出来たものは、比較的簡単に注射で治りますよ。

私も20歳の時に作った胸のケロイド、胸元が開いた服が着られなくて
悩んだ挙句、形成外科に初めて行きました。
なんと何年も悩んでたのに、1回注射してもらっただけで
今は平らです。多少の赤みは残ってますが、ケロイドに比べたら
全く気になりません。
注射は痛いけど、それ以上に平らになったときの喜びは
例えようもないくらい嬉しいですから。

ちなみに、外傷でケロイドになってしまった!的なものは
真性ケロイドではなく、肥厚性瘢痕と呼ばれるものが多いです。
真性ケロイド体質は、大人なら大抵自分の体質に気づいてるはずです。
[PR]
   
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31