短期減量達成から1年。本当に最後のまとめ【完】
    2008年 11月 14日


パリ日記(2006パリ再び)最終日更新完了しました。
 2年近く経ってしまったけど、ようやく終った^^;パン画像好きな方どうぞ♪





さて!


昨年8月、3ヶ月間で12kgの短期間減量を目標にダイエットを始め
11月に予定通り達成しました。

本日で、ついに減量完了後1年経過。


「短期間で痩せるとリバウンドする」
こんな常識を覆し、見事『美容体重』を維持しております。

この前、「1年経つ11月14日までに、ついでにモデル体重も目指すぞーっ」
と言ってたけど、残念ながらそれは未達成w
まぁ、焦る必要はないのでそれについては今後もノンビリやります。



で、この減量期以降の1年間で感じたことがあり
本当の「まとめ」として色々と思った事があったので書きたいと思います。

なお、あくまで私の実体験であり、短期減量についての話です。
また、全ての方に該当するかはわかりません。



1.維持期間は、減量期間の2倍必要。

 維持期間とは、この場合、
 リバウンドを避ける為に絶対維持しなくてはならない期間
 のことです。
 
 当初、「減量にかかった期間=維持しなくてはならない期間」
 だと思ってました。しかし、自分の体と向き合ってきたこの1年で
 それは違う、という結論に。

 減量にともない、脂肪も同時に短期間で大量に減りました。
 体脂肪率34%超だったんですが、3ヶ月で25%台まで落ちたので
 9%弱くらい。

 たった3ヶ月で約9%の体脂肪を落としたんです。
 私のカラダ、短期減量における生理現象通り、リバウンドしようと
 必死に糖分を欲求しました。

 体脂肪は、カラダにとって非常食です。一気に落とすと、体も
 防衛本能が働き、必死に無くなった分を溜め込もうとします。

 甘党じゃなかったはずの私は、ものすごい甘党に変貌。
 全部カラダが欲求していることです。
 とにかく、甘いものが食べたい。疲れてなくても甘いものが食べたい。
 ビックリするくらい甘いものが食べたいw

 1月下旬から、バレンタイン企画と称し、甘いものばかり食べてましたが
 覚えてますか?3ヶ月の維持を完了した!と言ってた頃。
 その時期に、まさにこの現象真っ只中だったのです。

 体重が1kg増えたので、慌てて甘いものを絶ちました。
 もし、そこでカラダの欲求通り、甘いものを食べ続けてたら
 リバウンドしていたかもしれません。

 カラダの欲求(本能)を無視し続けたら
 今年の3月の終わり~4月の頭くらいだったかな、急に甘いものが
 そんなに欲しくなくなってることに気づきました。

 疲れてる時はもちろん食べたいですが、年がら年中食べたい
 という気持ちが無くなったんです。

 それが、減量達成後6ヶ月ほど経過したころです。
 つまり、減量期間の2倍の維持期間を過ぎたころ。
 その頃から、外食等で暴食してもすぐに体重が戻るようになりました。

 私のカラダが、ようやく53kgという美容体重が、キケンな体重ではなく
 私にとって正常な体重と認めた、そう思いました。



2.短期の食事制限による減量で
 体脂肪率を落とすには脂肪断ちは必須。


 食事制限だけで運動もせず減量をする場合、
 普通に制限しているだけでは筋肉量ばかり減少し、
 なかなか体脂肪率は減りません。
 
 私が食事制限で体脂肪率を落とす事が出来たのは、
 出来る限りコレステロール(飽和脂肪酸)を排除したからです。
 (さすがにゼロは難しいので、食材に含まれる分は摂取せざるを得ませんでしたが)

 料理に油は一切使用せず、食事で摂る脂分は、
 不飽和脂肪酸の割合が高い魚がメイン。
 まぁ時折、飽和脂肪酸値の高い甘いものも食べてましたが
 とにかく意識して脂肪分を排除することに努めました。
 パンはほとんど食べず、ご飯メインで炭水化物の大量摂取も
 脂肪に繋がるので避けました。
 ただし、炭水化物抜きなどバカらしいことはしません。
 
 カロリーコントロールをしていて、その決めたカロリー内であれば
 その範囲で何を食べてもいい、というのは体脂肪についてはウソです。
 体重はカロリーが抑えられていれば落ちますが、体脂肪率は
 脂質の高い甘い菓子パンやお菓子を食べていては落ちません。
 筋肉量がただ減少するだけです。





・短期間でガッツリ痩せたい
・運動はしたくない
・もちろんリバウンドはしたくない




そういう人は、それ以外のとこで絶対的な努力が必要です。
(過去記事で色々書いてるので細かい話は割愛しますが)


運動を併用して痩せる場合と同様、食事制限だけでも同じように
ツライ事に耐えなければいけない時期があります。


「わたし、ラクしたいから運動しないで、食事制限だけにします。」


残念ながら、ラクしてキレイに痩せてリバウンドもしない
などというダイエットは存在しないのです。



私の体重が食べてもすぐに戻るようになったのは、
今の体重が「わたしにとっての正常値」になったからです。

その正常値にするまでは、たまに息を抜きながらも
管理に余念はありませんでした。

減量中の3ヶ月間の努力はもちろんですが、その後の1年も
同じように、自分の体と向き合い決して目を逸らすことなどしなかった。


体重など計らなくてもカラダのラインで全てわかります。
毎朝、必ず自分の裸を鏡で見てます。


自分のカラダから目をそらした時点で負けです。
真正面から向き合ってる限り(病気は別にして)、絶対太ったりなどしない。




★今後の目標は、今までと変わらず腹を割りモデル体重になること。です。
 その目標を頭に置きながら自然体で生活を送ること。
 それが私の「普通」。1年経った本日を期に、改めて
 自分にとっての「普通」を認識しました。
 だから、今日からダイエットします!という事はもう言いません。
 「今日から」という特別企画じゃなくて、キレイでいるための
 毎日の当たり前にしたいから。


f0025795_14581329.jpg
ジゼル・ブンチェン

[PR]
   
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28